2019/11/05 19:57

ゴロです。


夜が冷えるようになりましたね。
山も少しづつ紅葉を始めています。

こんな年もあるんだと、正直にお話しします。

今年のみかんは夏から秋にかけての長雨で実が大きくなり、
9月10月の昼夜の寒暖差が弱かった影響でなかなか熟してくれず
収穫は例年よりも10日ほど遅れました。

収穫ができるようになったみかんの中にも
すぐにお届けできる味になったみかんと
そうではないもう少し熟させたいみかんがあって、
もう少し熟させたいみかんは木にならせたまま例年よりも2週間遅くまで待ってみました。
それでも、納得してお届けできる味にならなかったみかんが今年はたくさんあります。

その子たちは山に返してあげます。

ずっと実らせておくと木が疲れて来年実ってくれません。
天候の影響が大きいとはいえ、
自分なりに今年の状況を予測して対策したつもりでいたのに
美味しいみかんを作り切れなかったことが本当に悔しいです。

こんな年もあるんだと、いい勉強になります。
来年は今まで以上に美味しいみかんを作れるように
こういう天候の年ももっと美味しいみかんを作れるように
いっぱい勉強して頑張ります!