2017/08/03 16:30

ゴロです。

各地での豪雨災害に被災されました皆様に心より御見舞いを申し上げます。

八つ葉農園では各地が大雨に見舞われる中、夕立すら降らない酷暑の日が続き、みかんの木が水不足になり毎日川から山へ水を運んでは潅水するという日が続きました。
日照りの影響なのか、他に何か原因があるのか、木に元気がなくなりみかんの天敵のゴマダラカミキリがたくさん発生しました。

ゴマダラカミキリはみかんの株元に卵を産みます。
生まれた幼虫はみかんの根の内部を1年~2年かけて食いつくし成虫になると1cmほどの穴をあけて根から出てきます。
根を食いつくされたみかんの木のダメージは深刻で、最悪の場合幼虫が入った1年後に枯れてしまいます。

7月下旬に八つ葉のみかんの株元にはたくさんのゴマダラカミキリの卵と、幼虫が入った跡がありました。
手で駆除できるものはしましたが、見落としているものもたくさんあると思います。


みかんの木が実をならせるまで5年育てないといけません。
すごく悔しいですが、これから先40年は実ってほしいと思って大事に育てたみかん達です。
黙って見過ごすことはできません。
農薬を減らす努力をすると言っていたのに誠に申し訳ないのですが、株元に散布する農薬を使って駆除することにしました。

今年の農薬散布回数は合計4回散布しています。

起こった出来事を正直に皆様にお伝えして、ご理解の上で八つ葉農園のみかんを食べていただきたいと思っています。
これからも八つ葉農園をよろしくお願い申し上げます。